ATP

ATPさん、エンジェルセラピープラクティショナーさんと面会してきた。

好奇心旺盛の私は、ATPが、どんな人なのか?、そして、ドリーンはどんな人ときいてみたかったからだ。

その人は、とても普通な人で、安心する感じ、妹みたいな人だった。


どんなワークショップでもそうだけど、2日間あるいは何日間?ワークショップに参加して、はいプラクティショナーです!というのは、なんか疑問?その人の考え方とか、spiritualなバックグラウンドとか、目に見えないたくさんのことがあって、本当にspiritualなことを、扱って、お金をいただいていくということに、的確な人が、どれだけいるのだろうか?

ふらんさんのblogにも、書かれていたけれど、いまやspiritualという言葉が、独り歩きし、玉石混合!わけがわからない状態になっている。大型書店に行き、精神世界の棚を除くと、スピリチュアル~という本は、続々出版されていて、ひとつの、大きな市場にもなっているのね~と思う。

過去生とか前世とか、いろいろあるけど、生きているのは今!よりよく生きるために努力する!というのが、spiritualの基本ではないだろうか?

追記

後で、読んでみると誤解されがちな、文だったと、反省!
プラクティショナーになりたい人を、批判しているのではなく、お金で、買える!これさえ受ければ、認定書という!それはどうなんでしょう?ということをいいたかったわけです。
[PR]
# by medicinewoman | 2007-02-20 13:24

アークティックプリンセス

f0091486_16212280.jpg



「おまえのおじいさんの最後の息を受け取った風が、
生まれたばかりの狼に、最初の息をあたえたのだ。

     生まれかわっていく、いのちたち」

「少年よ、消えていくいのちのために祈るのだ。
おまえのおじいさんが、祈っていたように、
おまえの祈りこそが、
私たちに聞こえる人間のことばなのだ」

「われわれは、みな大地の一部。
おまえがいのちのために祈ったとき、
おまえはナヌークになり、
ナヌークは人間になる。
いつの日か、わたしたちは、
氷の世界で出会うだろう。
そのとき、おまえがいのちを落としても、
わたしがいのちを落としても、
どちらでもよいのだ」

                         星野道夫  ナヌークの贈り物より

・・10年後、20年後、北極の氷が解けて、ナヌークの住むところは、このまま行けば、なくなってしまうというのに・・・・

まるでそんなことは、起こらないかのように、彼女は穏やかな顔をしています。
[PR]
# by medicinewoman | 2007-02-09 16:31

感覚をかんじること



f0091486_2205897.jpg


いつも犬をお散歩に連れて行く・・・・当たり前のことだが、犬はにおいをかぐのが好き!そそられるにおいがあると、くんくん鼻を鳴らして、なかなか、歩き出そうとしない。そんな犬を見ていると
犬は、においをかいでいるときは幸せなのではないだろうか?と、おもう。

私たちも、動物であるので、思い切り、何かを感じてみることが必要な気がする・・・・好きなエッセンシャルオイルや、花のにおいをとことん感じてみる・・・とことん耳をすましてみる・・・耳をすますと、普通にしていては聞こえてこない鳥の声が、聞こえてくる。聞くことに集中すると、聞こえてくるのだ。・・・・(朝起きたら、今度やってみてください、聞くことだけに集中するのです。)


感じる、楽しむ、2007年の私の課題!?何しろ今まで、くそまじめだったから・・・・・


そうこうしているうちに、今日で1月も終わり、節分が、新年の始まりという説もあるようなので、新たな気持ちで、がんばろう!
[PR]
# by medicinewoman | 2007-01-31 21:54

東京タワーと九州弁

リリーフランキーの東京タワーを買ったのは、おととしの11月だったように思う。

帯にはコピーライターや、福山雅治の、感想などがあって、これ読んだら号泣したりするのかな?なんて思って買ったが、号泣はしなかった。

私は中2まで、九州の熊本で育ち、小さいころは博多の叔母さんのうちによく遊びに行っていた。なので、熊本弁と、福岡弁のバイリンガル・・・・・この小説は九州弁を知っているのといないのでは、面白さが違うような気がする。一つ一つのせりふが読んでいるとそのイントネーションで響いてくるのだ。それでもその土地土地で、微妙に違うので、博多と、小倉はまた少し違うのだろうけれど・・・

昨日テレビでオンエアされている東京タワーをみていたら、ばあちゃんが、もこみち扮するまーちゃんに、「東京でもがんばりよると?」と聞いていた。そうだった!九州にいたときは、よく「がんばんなっせ!」といわれた気がする。九州の人は、がんばるという言葉がすきなのかもしれない。

見ていると、九州が懐かしくなる私です。

先週本屋に立ち寄ってキャロラインメイスの、思いやりのチャクラという本を買ってみた。思いやりのチャクラ―あなたの選ぶ行動が奇跡を起こす
キャロライン・メイス / / サンマーク出版
ISBN : 4763196251
スコア選択:
感想はまたそのうち・・・・
[PR]
# by medicinewoman | 2007-01-23 23:29

I have a dream その2

キング牧師のスピーチ、最初から最後まで聞いてみようと思い、検索していたらyou tube動画を、見つけました。映像を見たのは初めてです。

なんと、世の中は便利になったんでしょう!私が最初に録音して聞いたのは、カセットテープでした(笑い)。13分ぐらいから最後までが、有名で、よく引用される箇所です。
英語にあまり興味がなくても、是非最後まで、聞いてみてくださいね!

正義という言葉をかざして、時々怒るわたしですが・・・・・justiceそこには、強さはあっても、怒りは、必要ないのだとキング牧師のスピーチを見て感じます。
[PR]
# by medicinewoman | 2007-01-17 09:25

I have a dream

今日電車に乗っているとき、ふと浮かんだ言葉、それは I have a dream!

キング牧師のスピーチの一説が、キング牧師の声で響いてきました。そして、今日1月15日は、キング牧師の誕生日です。久しぶりに、検索してスピーチを聞いてみました。全文スピーチが聞けるサイトもあるようですが、なんといっても感動的なのは後半の部分です。ラジオ講座とかで、聞いたことがある人も多いかと思います。

人間の尊厳に満ちた彼の言葉は、いつ聞いても感動的です。

今年、私は、私の夢は、なんだろう?ということを追求していきたいと思っています。
[PR]
# by medicinewoman | 2007-01-15 01:16

2007年

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

2007年は、数秘術によると私は、1という数字を持ち、何かを始めていく年になります。はたして、何を始めて行くのか・・・・・?わかりません?!

2006年まで、つないだご縁を何かつないでいくのかな?というがしています。2005年から、2006年にかけて、参加したワークショップ、パシフィックエッセンスやFESエッセンス、サビーナや中島デコさん(ただクッキングクラスに参加しただけです)それからよしさんアリサンのスタッフや吉本有里さんや、彼女を、とおしてリユニオンしたずーっと昔からの友達、そしてこのblogがご縁で、知り合った仲間(と、呼ばせてください)たち・・・・何かがつながっていくかんじがします。

先日人生の意味という、本を読み返していたら、こんなフレーズが目にとまりました。


参加したいワークショップのすべてに足を運んだり、精神世界に関するあらゆる本を読むことはできます。でも世の中を少しでも住みやすい場所に買える努力をしていなければ、それは単なる自己満足の域を出ません。人と出会うとき、私はその人の、すばらしい点を探そうとしています。外見ではなく、人の内面を見る目を養う必要があるのです。・・・中略

目の前にあるすべてのことを確認し、触れてみることで、これからも成長し、自分を変えて生きたいと思っています。私にいえるのは、次のことです。

「今日はすばらしい日。だから世の中に災いの種を増やすのはやめよう」

2007年、このことを肝に銘じて、楽しく過ごします。!

f0091486_1512538.jpg


ボトルは101番のボトルです。3層になっているのがわかります?潜在意識が、上がってくると3層になるのだそうです。
[PR]
# by medicinewoman | 2007-01-09 14:43

ありがとう

f0091486_12331079.jpg


ここにきてblogを、読んでくれたみなさま!ありがとうございます。偶然カレンダーに映った
虹(カレンダーの右下)が、美しいので、UPしてみました。感謝の気持ちを込めて・・・

来年が、七色の光に満ちた、実り多い年になりますよう、願いも込めて・・・・良いお年をお迎えください。
[PR]
# by medicinewoman | 2006-12-31 12:39

ガーディアンエンジェル

クリスマスイブですが、ケーキもチキンもなく、普通の一日でした。f0091486_2255881.jpg

昨日、銀座に立ち寄り、ワンボトルリーィディングを、してもらったところ、選んだのは№44守護天使、でした。以前4本選んだときも1番目は、このボトルでした。私の本質はどうもこのボトルにあらわされているらしいです。アートビーィングの解説によると

性格の肯定的側面: トランスフォーマー(変容させる人)で、自分自身や他の人々を解放します。平和を使命とする人です。神とコンタクトをとり、それを非常に実践的な方法に変容します(共同創造)。自分自身の内にある「神の煌めき」に気づいています。ハイアーセルフとつながっているインスピレーションに満ちたヒーラーです。優しく、わかりやすく、しかも深遠な話し方をします。集中力のある、仕事上の良きパートナーです。自分の人生の目的を実現するために懸命に働かなくてはなりませんが、それを楽しめる人です。天使の世界やエーテル界とつながっていて、それらについて話すことができます。

課題となる性格の側面: 内なる平和が欠けています。グラウンディングしていません。自分の人生の状況に絶望しています。自分の存在自体に自棄的であり、神を疑っています。辛い子供時代を送り、それがまだ解決されていません。また、自分自身を欺き、希望的観測で毎日を過ごしています。結局はすべてがうまくいくという期待を膨らませていますが、絶対にそうはならないときでさえ、この態度は変わりません。

霊的レベル: 神から与えられるインスピレーションや「彼方」からのサポートを高めます。内にある流れとつながって、その流れを信頼できるようになります。自分の人生の目的を、外部の確立した体系(例えば、宗教)の中に見出す能力をもたらします。この人を「魂のオアシス」と結びつけます。つまり、「私の奥深い所には、力を取り戻せる場所がある」ということを理解させてくれます。

精神的レベル: 人生の様々な側面を統合していくように促します。心を「より高次元の知恵」に対して開いていきます。例えば、超感覚的な知覚に対して開きます。グラウンディング効果があります。これまでのパターンを消し去るのに役立ちます。

解説をよく読むと、イリゼさんの、バースチャートリーディングにも、同じことが書いてあったのを思い出しました。じぶんでもわかっているグラウンディングしていません。

昨日しおりんとも話していたんだけど、2007年の課題はここにいて、ここにいない状態を脱すること、今を生きて、楽しむこと!なのです。
[PR]
# by medicinewoman | 2006-12-24 22:07

人はどこかでわかっている

誠さんが、光になられてから、もう2週間・・・
最後に誠さんと、交わした言葉をシェアします。その日の誠さんの歌と演奏は、何かいつもと違っていました。目をつぶって歌っているその顔は、瞑想しているようにも見えました。

コンサートが終わって私は、誠さんに、言いました。「誠さんどうしたの?今までの演奏とぜんぜん違うじゃん!ひとかわもふたかわも、むけたかんじ・・・。すごいよかったよ!」

「そうなんだよ、自分でもわかるんだ!そして、どんどんむけて、芯になったらどうしよう?」と彼は笑っていました。そして、本当に、すぐに、芯になってしまったんですね。

魂のどこかで、誠さんは、わかっていたような気がします。
そして、私たちも自分のmissionを、魂の進むべき方向をどこかでわかっているのだと思います。
[PR]
# by medicinewoman | 2006-12-20 09:41