天然酵母のパン


f0091486_21274620.jpg

天然酵母のパンを焼き始めて、多分、10年くらいにはなるでしょうか?
天然酵母は、酵母をおこすのに、二日から、三日かかります。その酵母を使って一次発酵に6時間から12時間、それから成形し、また、発酵に数時間かかります。

酵母は生きているので、こね方、温度や湿度・・ちょっとしたタイミングの差で、パンがおいしくなったり、そうでなかったり・・・・。

f0091486_21381152.jpg

またはるゆたか、という国産の小麦を使うので、買ったほうが安いくらい、材料費が高くつく!なので失敗すると、かなりもったいないことになってしまうわけです。焼くときは当然気合も入ります。私のポリシーは手でこねること!手から、愛情が伝わり、おいしくなる気がするからです。


先日こんなことがありました。焼いて冷凍しておいたパンを、友達にあげました。

次の日、そのパンを焼いて食べた彼女は、食べながら涙が止まらず・・・号泣したそうです。
繊細な彼女は、パンから、愛情を感じたのか?定かではありませんが・・・・


特にそのパンに思いを込めたわけではありませんが・・・・知らず知らずに伝わっていたのかもしれません。私は何かを食べて、号泣したことないけど・・・そんなことって、あるんですね!
[PR]
# by medicinewoman | 2007-05-13 21:39

ブラックベリーの花

真木さんのFESイントロダクトリーに参加した私が、選んだのは、ブラックベリーとカリフォルニアポピーとヤローのイエローでした。黄色は第3チャクラの色なので、恐れを、克服するときにいいのだそうです。
そして今日我が家のブラックベリーの花がとてもきれいに咲いていました。ガイドブックのブラックベリーは花びらが、ピンクでしたが・・・・
f0091486_144599.jpg


ネバダで行われる、インテンシブセミナーではセミナーの前に4大元素の土、風、火、水に祈りをささげるそうで、そのことがとても心に残りました。
 
そういう祈り、感謝の気持ち、日常生活でも、大切にしたいと思います。

  


  
[PR]
# by medicinewoman | 2007-05-02 14:30

ただ、それだけ


あなたの仕事が何かに興味はない。
私が知りたいのは
あなたが何を願っているか
その願いをかなえる勇気があるかどうかだ。

あなたの年齢には興味がない。
私が知りたいのは
あなたが愛のために、夢のために、生きるという冒険のために
ばかになれるかどうかだ

あなたがどんな星のもとに生まれようと興味がない。
私が知りたいのはあなたが自分の悲しみの核にふれたかどうか
人生に裏切られたことがあるか
さらなる苦痛を恐れて
殻に閉じこもったことがあるかどうかだ。
あなたが人や自分の苦しみから逃げ隠れせず
ごまかしたりつくろったりもせず
じっと耐えていられるかどうかを、私は知りたい。

あなたが人や自分の喜びを心から味わい
陶酔にわれを忘れて踊りだせるかどうかを、私は知りたい。
ひと目を気にしたり、われに返ろうとしたり
自分を枠にはめたりせずに

あなたが聞かせてくれる話が真実かどうかには興味がない
私が知りたいのは
あなたが人を裏切っても自分に正直でいられるかどうか
人から裏切り者と責められても、自分の魂を裏切らずにいられるか
不誠実になれるがゆえに、人から信頼されるかどうかだ。

あなたが日々のなかで
美しく見えないものにも美を見いだせるかどうか
美の存在から自分の人生を
掘り起こせるかどうかを私は知りたい。

あなたが人や自分の失敗を
受け入れることができるかどうか
失敗してもなお湖畔に立って
銀の月に向かって「イエス!」といえるかどうかを私は知りたい。

あなたが住んでいる場所や
どのくらいお金を持っているかには興味がない。
私が知りたいのは
あなたが悲嘆と絶望の夜を過ごした朝に起き上がれるかどうか
心身ともにどん底であっても
自分の子供にご飯を食べさせてやれるかどうかだ。

あなたが誰を知っているかどうか
どうやって生きてきたかに興味ががない。
私が知りたいのは
あなたが危機のさなかで
私と一緒にひるまずにいられるかどうかだ。

あなたがどこで誰と、何を学んできたかには興味がない。
私が知りたいのは
すべてが消え去った後、何があなたを内側から支えているかだ。

あなたがひとりきりでいられるかどうか
むなしいときも自分といて心から楽しめるかどうかを、私は知りたい。


                The invitation ただ、それだけ   
             著 オーリアマウンテンドリーマー  翻訳小沢瑞穂 サンマーク出版



 
[PR]
# by medicinewoman | 2007-04-24 16:32

オーりアマウンテンドリーマー

ミクシーでオーリアマウンテンドリーマーのThe Invitationというspiritに響くメッセージを、知りました。それは日本語でしたが、原文を見つけました。やはり、日本語と、原文では、ニュアンスが違います。著者であるオーリアさんも、インターネットなどでだんだん、違ったものが広まっているのを危惧されて、原文を載せているようです。

後で日本語訳載せようかと思っていますが、とりあえず原文を読んでみてください。私もまだよく読んでいないので・・・・。

 It doesn't interest me what you do for a living. I want to know what you ache for, and if you dare to dream of meeting your heart's longing.

It doesn't interest me how old you are. I want to know if you will risk looking like a fool for love, for your dream, for the adventure of being alive.

It doesn't interest me what planets are squaring your moon. I want to know if you have touched the center of your own sorrow, if you have been opened by life's betrayals or have become shriveled and closed from fear of further pain!I want to know if you can sit with pain, mine or your own, without moving to hide it or fade it, or fix it.

I want to know if you can be with joy, mine or your own, if you can dance with wildness and let the ecstasy fill you to the tips of your fingers and toes without cautioning us to be careful, to be realistic, to remember the limitations of being human.

It doesn't interest me if the story you are telling me is true. I want to know if you can disappoint another to be true to yourself; if you can bear the accusation of betrayal and not betray your own soul; if you can be faithlessand therefore trustworthy.

I want to know if you can see beauty even when it's not pretty, every day,and if you can source your own life from its presence.

I want to know if you can live with failure, yours and mine, and still stand on the edge of the lake and shout to the silver of the full moon, “Yes!”

It doesn't interest me to know where you live or how much money you have. I want to know if you can get up, after the night of grief and despair, weary and bruised to the bone, and do what needs to be done to feed the children.

It doesn't interest me who you know or how you came to be here. I want to know if you will stand in the center of the fire with me and not shrink back.

It doesn't interest me where or what or with whom you have studied. I want to know what sustains you, from the inside, when all else falls away.

I want to know if you can be alone with yourself and if you truly like the company you keep in the empty moments.

by
Oriah Mountain Dreamer
copyright © 1999 by Oriah Mountain Dreamer.

Used at this Web site with permission.

top
Message from Oriah Mountain Dreamer
Sent to SKDesigns from the publisher, Harper Collins, June 23, 1999

In the spring of 1994 I went to a party-an ordinary party-and I made an effort, a real effort, to be sociable. I asked and answered the usual questions: What do you do for a living? How do you know the host? Where did you study? Where do you live? And I came home with the familiar hollow feeling of having gone through the motions. So, I sat down and did what I often do to sort out what is going on--I wrote.

Using the format of a writing exercise that had been given to me by poet David Whyte I wrote about the party conversations--what really did not interest me and what I really did want to know about others, about myself.

I went to the centre of the ache for something more between myself and the world and the prose-poem, “The Invitation”, poured onto the page.

A week later I included the piece in a newsletter I was sending to eight hundred students who had, over the previous ten years, come to workshops I had facilitated on spirituality, sexuality and creativity. I sent it exactly as it had been written that night. I didn't think much about it. I'd shared many pieces of writing with folks on my mailing list over the years, often hearing back from those who felt a particular piece spoke to them.

But this time, something different happened. People started copying and sharing “The Invitation” and I began hearing from hundreds of people I didn't know. A woman wrote from New Zealand where the piece had been read at a large spiritual gathering. A man in the States wrote of reading the piece at the funeral of a dear friend who had died of AIDS. Individuals as far away as Romania, Iceland, Greenland and South Africa wrote that someone had sent them“The Invitation” on e-mail, handed it out at a wedding or read it aloud at workshop or conference. The piece seemed to have a life of its own.

It was Joe Durepos, a literary agent in Chicago who had contacted me to ask permission for the piece to be used in Jean Houston's book, “A Passion for the Possible”, who suggested that I consider writing a book based on “The Invitation.” I started writing and Joe sold the first few chapters to Harper San Francisco.

The prose-poem had touched others with a voice that cut through to what really matters. I didn't want the book to be a watered-down version of the original piece or a heady analysis of its heart-felt sense of urgency. I wanted the book to be as raw and as real as the prose-poem, to offer the receptive reader a chance to actually go to the places mapped out by “The Invitation” To fulfill this promise I had to go to those places myself.

I went to a cabin owned by some friends and started writing, using each segment of the original piece as a doorway into deeper places-the longing, the joy, the sorrow, the fear- reflecting with ruthless honesty on the meaning and struggles of a human life. I wrote what I need to remember, what I need to hear again and again: that life is full of beauty and pain; that the world will break your heart and heal it, over and over, if you let it, and that letting it do both is the only way to live fully; that we are not alone but deeply connected to that which create, and sustains all life.

Aided by Harper San Francisco editor Karen Levine I distilled the stories down to their essence and offered meditations at the conclusion of each chapter, meditations that had helped me walk through the doorways “The Invitation” had opened.

Life is hard. And life is wonderful. “The Invitation” is about finding what we need-the inspiration, the intimacy, the courage and the commitment to live fully, every day.

--Oriah Mountain Dreamer
[PR]
# by medicinewoman | 2007-04-23 18:16

 お花が美しい季節

f0091486_15383945.jpg

今は本当にお花が美しい季節・・・。上の写真は秩父の芝桜が有名な場所です。私が行ったときは、八部咲きでした。今が満開のようです。下は、どこかのお家の植え込みをパチリ・・・それぞれの花が主張しているかんじでした。むらさきだいこんという花?紫色が目を引きます。

f0091486_15573331.jpg



最近本屋で見つけて、大人の塗り絵買いました。見ているだけでも、可愛いです。春の妖精編です。ということは、夏、秋、冬も、でるのかもしれません。これにあわせていつか買いたいのがFABER-CASTELL社の120色色鉛筆!30000円もするんですよ~!
[PR]
# by medicinewoman | 2007-04-20 16:04

バリ島にプチホテル

訪れてくれた皆様、すみません。なかなか更新できないでいます。あっという間に、4月も半ばですね。今日はお知らせです。

去年のブッシュフラワーエッセンスのワンデイワークショップで、ご縁の会ったototsumugiさん!彼女は福岡在住で、バリ島に、プチホテルを経営するセラピストさんです。そして、ミックジャガーもマッサージに通うというアルサナ氏とお付き合いのある方でもあります。彼女が5月に埼玉県飯能市の生活の木で、クリスタルとバリ島の雰囲気を伝える展示会を開きます。クリスタルは販売もあるそうです。興味のある方は是非どうぞ!

飯能市内のホテルでセッションも受付中だそうです。
[PR]
# by medicinewoman | 2007-04-14 21:01

母性の美しさ

f0091486_14531040.jpg


写真講座で紹介されていた、上田義彦さんの写真集を借りてきた。上田さんは、ウーロン茶や、お茶のCMで有名だそうだ。

写真集の中に移っているのは、気取らない家族の写真!かれんさんの、母そのものの写真だ!

女の人が持つ母性って、こんなに美しいものなんだと・・・改めて感じる。
f0091486_15123788.jpg


写真を眺めていると思い出す赤ちゃんの匂い、ほっぺたの感触!幼児の汗と子供の入り混じった匂い・・・・

そして、すべての人に、母を求め続ける赤ちゃん時代、お母さんを慕う子供時代があったということ・・・・・・

もしすべての女の人の夫か、恋人が、上田さんだったら・・・たとえ容姿が、かれんさんのように、美しくなくても、こんな風な美しい写真を撮ってくれるに違いない・・・・だって、母性ってこんなに美しいのだから・・・!

子供を産んだとか、産まないにかかわらず、女の人が持つ母性を、現代の女の人は、忘れてしまっているかもしれない・・(私も含めて)
[PR]
# by medicinewoman | 2007-03-29 15:14

ハートチャクラの色と桜色

f0091486_16404623.jpg


昨日は、部屋にあった花の写真撮影に、夢中になってしまった。ピンクのラナンキュラスが,ばら色で、まさに開いていくハートチャクラの色だったのと、いっしょに飾った桜の花の、ピンクが美しかったからだ。

本当に、5分で、光の加減が変わっていく・・・・そして気がついたら、40枚も、撮影していた。

デジカメはそこが、便利!



f0091486_16462754.jpg

このラナンキュラスは、イメージどおりに、撮れた!

もうすぐ桜の季節だけれど、こんな風に花と真剣に向き合ったのは初めてだと、思う。

花は何かを、語りかけて来るんですね!

フィンドホーンのエッセンスにさくらのエッセンスがあるそうだけど、どんなときにつかうのだろう?




f0091486_16495233.jpg

[PR]
# by medicinewoman | 2007-03-16 17:01

写真やらムービーやら

今日は、久しぶりに、庭に妖精さんたちを出して写真を撮ってみた。しかし、彼女らを、地面に置くと、写真家は、這いつくばって写真を撮ることになり・・・・・photographerは、体の柔軟性が必要なのねと思ってしまった。撮っているときは・・・・被写体しか見ていない。その状態は、瞑想しているようで、自分のspiritにはいいのかもしれない。

最近考える、

What makes you happy?

自分の好きなこと、やりたいこと・・・・それは、はっきりしているようで、はっきりしていないが・・・

一日に何度も問いかけてみる!What is your true desire?答えは少しずつはっきりしてくるはず!  ある方のblogで元気が出て、やる気になるムービーを、見つけました。みんなにも、シェア!英語ですが、そんなにむずかしくありません。

212

You are responsible for your results!
[PR]
# by medicinewoman | 2007-03-10 18:05

本の処分

アバンダンスプログラムを始めて今日で、14日目、もう少し真剣に取り組まねばと思いながら・・・何とかこなしています。

10日目の、スペースを浄化するというワークで、必要のない本を選別してみましたが、これが難しい・・・・いつかまた読みたくなるのでは?と思うと、思い切って、さよならできません。

過去にも、もう必要ない本を図書館に寄付したり、友人にあげたりして、しばらくたってから、また読みたくなったことも何度か・・・・・・。持っていることで、安心したりして、私にとって、本を処分するのは、洋服より、かなり大変です。

ところで、去年FESの基礎、中級講座に参加したのですが、フラワーエッセンスハンドブックが、何故か手元に2冊あります。2冊あるので1冊あげても安心・・・・ということで、FESエッセンスをこれから勉強してみたいと思う人に贈呈したいと思います。ほしい方はコメントをお願いします。(鍵コメでもOK)たくさん?の応募があるかわかりませんが、その場合は抽選とします。よろしくお願いします。


真木さんのblogに書いてあった,ハウンズタンク私も飲んでみようと思います。
[PR]
# by medicinewoman | 2007-03-02 08:33