<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ATP

ATPさん、エンジェルセラピープラクティショナーさんと面会してきた。

好奇心旺盛の私は、ATPが、どんな人なのか?、そして、ドリーンはどんな人ときいてみたかったからだ。

その人は、とても普通な人で、安心する感じ、妹みたいな人だった。


どんなワークショップでもそうだけど、2日間あるいは何日間?ワークショップに参加して、はいプラクティショナーです!というのは、なんか疑問?その人の考え方とか、spiritualなバックグラウンドとか、目に見えないたくさんのことがあって、本当にspiritualなことを、扱って、お金をいただいていくということに、的確な人が、どれだけいるのだろうか?

ふらんさんのblogにも、書かれていたけれど、いまやspiritualという言葉が、独り歩きし、玉石混合!わけがわからない状態になっている。大型書店に行き、精神世界の棚を除くと、スピリチュアル~という本は、続々出版されていて、ひとつの、大きな市場にもなっているのね~と思う。

過去生とか前世とか、いろいろあるけど、生きているのは今!よりよく生きるために努力する!というのが、spiritualの基本ではないだろうか?

追記

後で、読んでみると誤解されがちな、文だったと、反省!
プラクティショナーになりたい人を、批判しているのではなく、お金で、買える!これさえ受ければ、認定書という!それはどうなんでしょう?ということをいいたかったわけです。
[PR]
by medicinewoman | 2007-02-20 13:24

アークティックプリンセス

f0091486_16212280.jpg



「おまえのおじいさんの最後の息を受け取った風が、
生まれたばかりの狼に、最初の息をあたえたのだ。

     生まれかわっていく、いのちたち」

「少年よ、消えていくいのちのために祈るのだ。
おまえのおじいさんが、祈っていたように、
おまえの祈りこそが、
私たちに聞こえる人間のことばなのだ」

「われわれは、みな大地の一部。
おまえがいのちのために祈ったとき、
おまえはナヌークになり、
ナヌークは人間になる。
いつの日か、わたしたちは、
氷の世界で出会うだろう。
そのとき、おまえがいのちを落としても、
わたしがいのちを落としても、
どちらでもよいのだ」

                         星野道夫  ナヌークの贈り物より

・・10年後、20年後、北極の氷が解けて、ナヌークの住むところは、このまま行けば、なくなってしまうというのに・・・・

まるでそんなことは、起こらないかのように、彼女は穏やかな顔をしています。
[PR]
by medicinewoman | 2007-02-09 16:31