<   2006年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

100万旅行が、当たります!

遅ればせながら、ハートを開いて、100万円!受け取っていますということで、応募します。


今日の13:31分が、新月です。新月の願い事にも書きましょう!
[PR]
by medicinewoman | 2006-07-25 08:02

13の月の暦

雨ばかり、続いています・・・・

黄色い宇宙の種の年も、終わろうとしています。来年は、赤い磁気の月の年らしいです。明日は時間をはずした日、そして26日は新年ですよ!

手帳を買ってはみたものの、使い方は、まさにグレゴリオ暦でした。来年はもう少し使いこなしたいものです。誰か、なにかアドバイスお願いします!(笑い)!


ドリーンのチャクラ・クリアリング―天使のやすらぎ
なぜか本屋さんで衝動買いしてしまいました。最後のトラックに、彼女自身のナレーションが入っているのですが、イメージとかなり違った感じでした。そんなに高い声ではないけど、女子高生みたいな純粋な感じ!きっと少女っぽい無邪気なところもあるんでしょうね!?

聞いていると眠くなるので、寝る前に聞くにはよさそうです。
[PR]
by medicinewoman | 2006-07-24 16:30

星のような物語

星野道夫氏が、亡くなって、8月8日で10年!

8月2日から、銀座松屋で彼の写真展が開催されるようです。

前にも書いたと思いますが、私が、spiritualなものに、興味を持つきっかけになったのは、彼の写真展でした。

エンヤの曲が流れる、写真展にしては、薄暗い会場で、秋の日差しを浴びた、ヒグマ、地平線とカリブーの群れ・・・・・切り立った崖にいる、ドールシープの親子・・・・ひとつひとつの写真の前に、長い時間立っていました。

厳しい自然の中で、生き抜く動物たち・・・・私は、こんなに自分の生というものを享受して、精一杯いきてるかしら?そんなことを考えました。

あれから、8年がたち、また彼の写真展に行くと、何かまた、感じるものは違うのではないかと思います。

まだ彼の写真展に行ったことがない方、ぜひ行ってみてください。混み合うと写真がなかなか、見れないので、朝1番か、夕方がいいかもしれません。
[PR]
by medicinewoman | 2006-07-13 09:35

久高島

f0091486_18402369.jpg那覇からバスで南に1時間、そして船に乗って30分・・・そこに神々の島といわれる、久高島はありました。

3月に初めて吉本有里さんのライブに行き、歌を聴きました。そして、彼女との出会いがなければ、そこにそんな島があることも知らなかった、久高島!そこは沖縄、本土の人々の、豊穣、健康や平和を、私たちが知っていようと知るまいと、神社でもない、お寺でもない、自然の中で、数千年も前から、今も祈り続けている、祈りの島でした。

2泊3日のリトリートで、思いがけなく湧き上がる自分の怒りの感情・・・・ありのままに話すというより、魂から語る、人々の言葉が、深く深く自分の中にも染み入っていくということ・・・そんなことを体験することができました。

そして今も、耳から離れない、ギターの音色と、魂に染み入るような、しおりんの朗読の声・・・・・・・旅行に行く前に彼女が友達から渡されたというおぼえておいてという詩集!
それは宇宙からのメッセージだったような気がします。
[PR]
by medicinewoman | 2006-07-09 19:17