カテゴリ:未分類( 73 )

追悼丸元淑生さん

敬愛する丸元淑生さんが、3月6日になくなられていたことを、もやし研究会のダイレクトメール知りました。

慎んでご冥福をお祈りいたします。

彼の残したたくさんのレシピが、たくさんの人(特に子供を持つお母さんに)料理されていくことを願ってやみません。

ファミリー料理―丸元淑生のからだにやさしい料理ブック (講談社のお料理BOOK)
丸元 淑生 / / 講談社
スコア選択:

何を食べるべきか―栄養学は警告する (講談社プラスアルファ文庫)
丸元 淑生 / / 講談社
スコア選択:



丸元淑生のシンプル料理―最新栄養学に基づいた健康人のクッキング
丸元 淑生 / / 講談社
スコア選択:



よい食事のヒント―最新食品学と67のヘルシー・レシピ (新潮選書)
丸元 淑生 / / 新潮社
ISBN : 4106035251
スコア選択:
[PR]
by medicinewoman | 2008-04-06 08:15

マリア



f0091486_1435152.jpg


映画マリアを見てきました。

原題はnativity story キリスト降誕という意味なんですね!知りませんでした。

南イタリアの小さな町で再現されたというナザレの町は・・ほんもののよう?!(みたことないけど)

もしかしたら、その時代に生きていたのか?見ている間、胸が痛くて仕方ありませんでした。

きていた衣装なども何故か?なつかしいかんじ?

エリサベトが産んだ赤ちゃんは、洗礼者ヨハネとなって、後にイエスに洗礼を授けるのだと思うのですが、日曜学校に行っていたとか、キリスト教にご縁が有る人じゃないと、そのへんは、わかりづらいかもしれません。

ナザレから、ベツレヘムまでは200キロ・・ベツレヘムから、エジプト・・まで・何百キロあるでしょう?気が遠くなる距離を、あんなふうにロバで歩いたなんて・・・想像を絶する旅だったに違いない・・・。

ともあれクリスマスに見るには、ぴったりの映画です。
[PR]
by medicinewoman | 2007-12-11 14:07

11月11日のお知らせ

夏の病気が再発し・・・・10日間の入院・・・・まだ毎日通院して、療養中です。
が、とりあえずお知らせです・・・。皆さん是非来てね。

神話からの贈りもの



 
祖先がその叡知を注ぎ込んだ神話は、かつてわたしたちが生きるための 羅針盤
でした。
しかし、海を往く航海士が星を仰ぎ見ることがなくなったように、
いつ しか私たちは神話から遠く離れた社会に暮らすようになりました。

行く先の分からない航海を続ける私たちには
『神話』という羅針盤がもう一度必要なのかもしれません。

深い叡知にあふれた神話の中に、「今」を生きる私たちへのメッセージがきっと
あるはずです。



2007.11.11(日)

開場:13:30~ 開演:14:00
会場:杉並公会堂 グランサロン
前売:2.600円(子供2.000円)
当日:3.000円(子供2.500円)
※子供料金は中学生以下
〈共に口福おみやげ付き〉

チケット&お問い合わせ

前売チケットは郵便振替にてのみ購入できます。
記号 00130-5-104525 加入者名 下山 しおり
※払込票兼受領証を当日受付へお持ち下さい。
上記を持ちましてチケットとさせていただきます。

問合せ:マリポサリリー 担当 斉藤・下山
斉藤mariposalily_n[at]yahoo.co.jp
下山mariposalily_s[at]mbe.nifty.com

**[at]を@に変えてメールしてね。**

〈神話のお話し〉赤阪 友昭

狩猟採集や遊牧を生業とする先住民や遊牧民の生活やそれを支える
精神世界に魅せられ旅を始める。1996年から撮影を開始。
主なフィールドは 、アラスカ北極圏及びカナダ北西海岸、モンゴル国
及び日本。アラスカ・カナダの先住民族、クリンギットの 『語り部』
ボブ・サム氏とも親交が深い。
現在、日本国内の「祀りと祈り」をテーマに取材活動中。


〈神話なCafe Time〉いまざと よしこ

yoshi veggie(ヨシベジ)
ベジ料理研究家、キッチン・パーマカルチャリスト。
伝統的な食文化の知恵と多様性、自然と人間のかかわりあい方のヒントを探し
に、旅と研究を重ねる。
そこから生まれるオリジナルで楽しいベジ(タブル)料理を伝えることをミッ
ションとしている。
http://www.blog.goo.ne.jp/kashinomori/


神話のものがたり〉 赤阪友昭氏の写真と共に~ 氷の世界の王者のものがたり
     朗読 下山 しおり 

今にひらき、ありのままの自分本来の声を出すことを大切に、
詩人・アーティストとのコラボレーションにて声の持つ癒しを
表現。幸せを作るのは常に 「身近な足元への働きかけ」と
斉藤尚美と共に「母性の花」の意を持つMariposa Lily
~マリポサリリー~を主宰、活動している。

口笛・玉笛   演奏 高橋 誠

コンピュータエンジニアを経てフリーになり世界中に旅にでる。
そして、その時撮影した写真がきっかけとなり イダキ(ディジュリドゥ)という
民族楽器とめぐり逢い音楽活動をはじめる。
現在、プライマリーサウンド(原始の響き)と題し世界中の民族楽器を即興演奏
して、ソロコンサートやワークショップ、様々なものとのコラボレーションを行
っている。そして、「心と体と魂に響く音色」を志している。
http://www.sepia.dti.ne.jp/mahh-koto/

〈企画・主催〉 Mariposa Lily~マリポサ リリー~
〈協賛〉Mother Tree トレ・ソーマ

f0091486_20501220.jpg

[PR]
by medicinewoman | 2007-10-26 20:50

ホメオパシー

一ヶ月以上、更新していませんでした。すみません。

それというのも、8月12日薔薇のとげが、顔に刺さり、そこから、顔が腫れて、丹毒という病気になってしまいました。

皮下組織に、ばい菌が、入って、腫れていく病気で、とりあえず、抗生剤を、飲むしかないのですが・・・・、顔なので、外出もままならず、引きこもり状態です。

そんな中、友達が、ホメオパシーを処方してくれる、先生(ホメオパスというらしいのですが、)を紹介してくれて、、今レメディを飲んでいます。

私に必要なのは、サルファーと、スタッフサグリアという、レメディだそうです。

エッセンスと同じで、エネルギーなので、手で触ってはいけないそうで、仁丹みたいな、粒を、キャップに一粒だけ取り出して、飲むのは、結構大変!

傷の治りも含めて、私の中の深いところで、効いていそうな気がします。

これがきっかけで、エッセンスのことももっと、深く勉強したくなりました。

昨日は、アリサンマーケットデイに、よしさんと、参加するはすだったのが・・・できませんでした。来年は、参加したいな~!

彼女の料理とお菓子は、本当においしいです。東京近郊の方はblogを、まめにチェックして、
お料理教室参加してみてくださいね!
[PR]
by medicinewoman | 2007-09-02 08:58

最近買った本

なんだかんだ・・・・7月はじめて書きます。

先日のエコバッグ騒動・・・・今やかなりのアニヤのエコバッグが、オークションにかけられているようです。そして、2000円のバッグを、2万円以上も出して買う人がいる事実・・・・ほしい気持ちはわからなくもありませんが・・・日本はどうなってしまうのかな?!

最近読んだお金がなくても平気なフランス人 お金があっても不安な日本人
吉村 葉子 / / 双葉社
スコア選択:
 
コンビニも、自動販売機もないフランスでは、決して、100円たりとも、無駄には使わず、・・・買い物行くときも、・・買い忘れがないように真剣勝負なのだそうです。

そういう意味で、何かを買い忘れて、コンビニに、駆け込み、ついでに、お菓子とか、いらないものも、かってしまう・・・・買い物に緊張感はないですね。最近駅の中に・・・本屋、カフェ、いろんな店ができていて、・・・つい、寄り道させられて、お金を払うよう、社会ができているかんじ・・・・。

足元から、自分の生活見直さなくては・・と思います。

この本はまだかってないですが・・・本を買うのをやめるのは、できないですね・・・・・。

ボンジュールプロヴァンス
山本 ゆりこ / / ブロンズ新社
ISBN : 4893094157
スコア選択:
[PR]
by medicinewoman | 2007-07-22 17:40

憧れのパリ

なんとなく・・・更新する気にならず・・・・・見に来てくれた方ごめんなさい。

素敵な本を見つけました。パリ1週間花と雑貨を探す旅プラン

中身は、写真集のように、写真がいっぱい・・・・みんなパリ風で・・・とても素敵・・・!

花とフランスに興味のある方は是非どうぞ!いつの日かパリに・・・という夢もふくらむというものです。

f0091486_13105884.jpg
f0091486_13113565.jpg
  イリゼさんのおすすめで新しくやってきた石たち!シトリンと琥珀とアマゾナイトです・・・・。
アマゾナイトは、ブルーで神経を鎮めて自分を表現する許可を与える・・・琥珀は、自分が帰る場所をみつめなおす・・・・シトリンは、自分の人生は自分が主役であることを思い出す・・・・のにいいそうです。


  
[PR]
by medicinewoman | 2007-06-27 13:14

ミスチルと竹内まりや、アリサンの社長

最近はまって聞いているのが、ミスチル以外にも、竹内まりや・・・・50も過ぎていると思えない、彼女の声!・・・・・。彼らに共通するのは、自分を伸びやかに表現しているということ・・・。

自分を、高らかに伸びやかに、表現できれば・・・豊かさにもつながることは、まちがいないわけで・・・・。

昨日行った、アリサンカフェの、社長!彼も、そんな中の一人・・・・・。
最初は自分が食べたくて、アメリカから、輸入していた、オーガニックの食品・・・それが、今は全国の、お店や、カフェ、レストランに、食品を下ろし・・・・年商?億?

でも昨日行ったときも、物置のような、冷蔵庫に、断熱材を張っていて、・・・・・とても社長とは思えない、年商?億稼ぐとは思えない、気さくなおじさんなのである!

私はどんな形で、自分を表現したいだろう?

自分を表現できるとき,豊かさは流れてくる

そんなことを考えながら・・・ミスチルや、竹内まりやをきいている今日この頃。
f0091486_21194647.jpg


ブラックベリー実がなりました。飲んでいるエッセンスもブラックベリー
[PR]
by medicinewoman | 2007-06-10 21:20

彩り

最近はまって聞いているのが、ミスチル!

彩りと、ポケットカスタネットが好きかな?

オリンパスのHPで。素敵なの見つけました。

宮崎あおいさん、可愛いし・・・写真の勉強にもなります。

あんな写真が、撮れる様、がんばりたいです。

まずは、見てみて
[PR]
by medicinewoman | 2007-06-04 10:14

さとううさぶろうさんの服

きのうは、国立の、うさと展に行ってきました。
そのとき、着てみたグリーンのワンピースは、とても着心地がよかったです。
何故か銀河鉄道999の、メーテルになった気分でした。



うさとの服で、検索していてこんな記事を見つけました。



 
うさぶろうさんは以前こんなことを言っておられた。

> “ぼくはファッションを創っているつもりはないんです。エネルギーの塊
> を創って提供しているんです”(うさぶろう)

 例えばこんな話を聞いたことがある。身体にメスを入れると体力が落ちる
ように、うさぶろうさんのデザインする服は、なるべくハサミを入れる部分
を少なくし、生地幅もできるだけそのまま使うそうだ。そうすることによっ
て非常にエネルギーの高い衣装ができる。

 子どもたちの衣装を見せていただいて、確かにエネルギーを感じる。その
服がほんとうにシンプルなこと、またその着せ方のバリエーションと自由さ
に、ぼくも心躍った。

 うさぶろうさんが何を提供しようとしているのか、その一端に触れたよう
な気がした。


     ◇  ◇  ◇


 中国の『書経』という古い書物に「草根木皮は小薬なり。鍼灸は中薬なり。
飲食、衣服は大薬なり」と書かれている。もともと病を癒すすべとして、薬
草を染みこませた布を身体にまとうこともあったそうで、「服用」という言
葉もそこから来ているそうだ。




確かにうさとの服、そして、ぴったりの服を着ると、体にエネルギーが通り、、それを着た人の、瞳が、ぴかりと輝きます。

衣服が、大薬であれば、、もっと私たちは、衣服を、選ぶ必要があるのでしょう。

そう思うと、藍染の、天然素材を着ていた、昔の人は、理にかなった服をきていたのですね~。
[PR]
by medicinewoman | 2007-06-03 17:38

写真教室

4月から、写真教室に通い始めました。月に1回です。6月の宿題は、「水」何を撮ろうかなと考え中!とりあえず、撮った写真を公開・・・・カメラは、キャノンパワーショットです。

f0091486_23151421.jpg


       ピントがあっていない感じですが・・・庭のバレリーナ
f0091486_23165649.jpg


マダムアルディ・・・・白い薔薇では、人気があるそうです。とてもいい香りがします。

f0091486_2326559.jpg


バリエガタボローニャまだ固いつぼみですが、これから咲くというパワーを感じます。
f0091486_23311034.jpg


麻布にある梅芯庵というお店のタピオカいり・・・なんとか?白いところは海で、あんこは、島をイメージしているのだそうです。

最近ミスチルの新しいアルバム聞いています。すごいファンというわけではありませんが・桜井くんの・・・感性ってすごいなと思います。
[PR]
by medicinewoman | 2007-05-30 23:22