マリア



f0091486_1435152.jpg


映画マリアを見てきました。

原題はnativity story キリスト降誕という意味なんですね!知りませんでした。

南イタリアの小さな町で再現されたというナザレの町は・・ほんもののよう?!(みたことないけど)

もしかしたら、その時代に生きていたのか?見ている間、胸が痛くて仕方ありませんでした。

きていた衣装なども何故か?なつかしいかんじ?

エリサベトが産んだ赤ちゃんは、洗礼者ヨハネとなって、後にイエスに洗礼を授けるのだと思うのですが、日曜学校に行っていたとか、キリスト教にご縁が有る人じゃないと、そのへんは、わかりづらいかもしれません。

ナザレから、ベツレヘムまでは200キロ・・ベツレヘムから、エジプト・・まで・何百キロあるでしょう?気が遠くなる距離を、あんなふうにロバで歩いたなんて・・・想像を絶する旅だったに違いない・・・。

ともあれクリスマスに見るには、ぴったりの映画です。
[PR]
by medicinewoman | 2007-12-11 14:07
<< 追悼丸元淑生さん 11月11日のお知らせ >>